いつまで経ってもキャンプ初心者の館

ソト遊びしよう。やりたいことやろう。

MENU

森と湖の楽園(2022.4)@山梨県南都留郡富士河口湖町

いつものキャンプ仲間から
「明日、行かない!?」というお誘いが来て

「いくいく~」と返した、たけぼう家です

キャンプは命の洗濯です

ただ、どこに行くのかはあまり考えず、急ピッチで仕事を切り上げ、荷造り
メッセージに添付されたURLの場所に急行しました

 

キャンプ場

今回は、某キャンプ場予約サイトで幾度か見かけたココ!

森と湖の楽園

 

次の日のチェックアウト時にスーパーのおばちゃんから「あ~清水国明さんのところね~」

と言われるまで、どこのキャンプ場なのか知りませんでした

とにかく焚火がしたい!外で寝たい!という末期症状のなせる業だったのかも(笑)


f:id:takehiroakamar:20220503151043j:image

初のトレーラーハウス!

2つ入り口があって、2ファミリーでも使えます

 

中は床暖房でポカポカ

2つのお部屋には、それぞれシングルベッド2つとロフト、ユニットバス付!

 

ロフトは早い段階で子供たちの秘密基地に


f:id:takehiroakamar:20220503151440j:image

寝具もあるので寝袋は不要(だども我が家は断じて寝袋で寝ます!)


f:id:takehiroakamar:20220503152055j:image

受付
f:id:takehiroakamar:20220503152139j:image

センターハウス(広めなトイレやお風呂があります)


f:id:takehiroakamar:20220503152150j:image

BBQとかできるところ

普段、団体合宿もできるところらしいです

f:id:takehiroakamar:20220503162602j:image

水場(今回はつかってないので評価なしです)


f:id:takehiroakamar:20220503162615j:image

利用者専用の冷蔵庫もありました

夏場は重宝しそう


f:id:takehiroakamar:20220503162642j:image

受付までの時間潰しも色々!

チェックインは時間通り(アーリーとかはなかったらしいです)


f:id:takehiroakamar:20220503162726j:image

今年も武杉のチタンタンブラーで乾杯

チタンタンブラー【TAKESUGI】 | 武杉製作所

f:id:takehiroakamar:20220503162819j:image

今回のメンバー

前日に「ヒロ氏家ならきっと誘いにノってくるかも!」と、実に有り難い評価をしてくれているKHファミリー

 

これからもドンドン誘ってつかーさい

f:id:takehiroakamar:20220503162856j:image

昨年12月にデビューしたミミモトクッキングストーブも久々にフル稼働!
f:id:takehiroakamar:20220503162838j:image

使い慣れてきた感

 

まさかの降雪

さあ、4月ーまだ、肌寒さ残る季節ですが

キャンプシーズンが始める予感ですね~

 

 

と、思ったら…

 


f:id:takehiroakamar:20220503171243j:image
f:id:takehiroakamar:20220503171304j:image
f:id:takehiroakamar:20220503162936j:image

一面冬景色!!!(4月の山梨恐るべし)


f:id:takehiroakamar:20220503162946j:image

ヒロ氏もビツクリ


f:id:takehiroakamar:20220503163321j:image

オトナも子供もおおはしゃぎなキャンプ場でした!

 

 

お風呂情報

今回は撤収日に「富士展望の湯ゆらり」へ行きました

このあたりでは鉄板かな

 

takehiroakamar.hatenablog.com

takehiroakamar.hatenablog.com

 

www.fuji-yurari.jp

 

ここのお風呂は何度かお世話になってるけど、

今回は初めて個室で食事を注文してみたら…

なんとお料理がSLで運ばれて来たのである

無論、子供たちは大喜び
f:id:takehiroakamar:20220503164830j:image

個室予約条件はコース料理

(と、いってもほうとう鍋二人前~などで、敷居決して高くはない)

ここはやっぱり山梨のほうとう一択ですな

f:id:takehiroakamar:20220503164927j:image

 

遊び場情報

 

www.mtfujiropeway.jp

 

今回の集合場所

河口湖 富士山パノラマロープウェイ

カチカチ山にまつわる場所とは知りませんでした

 

題名「ウサギの片棒を担ぐあーちゃん」
f:id:takehiroakamar:20220503175709j:image

天空ブランコ

500円で3分(だったような…忘れました

子供たちが楽しそうだったので、まあいいかな
f:id:takehiroakamar:20220503175755j:image

で、私の推しはこれですw

山梨信玄推しパネェっす
f:id:takehiroakamar:20220503175728j:image

最後は家族で富士山ポーズ!
f:id:takehiroakamar:20220503175809j:image

4月の繁忙期を乗り切ろう

やっぱりキャンプは命の洗濯です

 

SOTO DE NETA-METER 64日

 

設営を考えてみた(充電期間)

暖かくなって来ましたね!

キャンプシーズンも本格スタートです

 

我が家は基本的には冬はスキーなのですが、この二年はなかなか行けませんでした

 

その代わりに今年はゆっくりじっくり、キャンプについて考えてみました

 

テーマは「なぜ設営で疲労困憊してしまうのか!?」

 

おかげさまでテントやタープあたりは難なく設営出来る位にはなりました

 

荷降ろしも体力は使いますが、そこまでしんどい作業ではありません

 

でも、いつもクタクタなんです

 

なぜだろうと、ゆっくり頭の中で設営をしてみたところ…

 

あるタイミングで必ず、ランナーズハイならぬ設営ーズハイを断ち切ってしまう瞬間、

それは、エアーマットでした

 

我が家のエアーマットは旧型のmont-bellコンフォートシステムパット×4人分

【これ】


f:id:takehiroakamar:20220409145208j:image

 

今のタイプは空気もある程度、自動で入るみたいてすが

旧型はそうはいきません

ぷぅーっと息を吹き込む形で膨らませるタイプなのです 

しかも、程よい張りにするためには、限界の向こう側に達する勢いで吹き込まねばなりません

 

脳内シュミレーション

~考え得る疲労の原因~

①設営ーズハイを強制的に打ちきる

 →キャンプ設営への勢いを断ち切ってしまう

②膨らませ作業の為、テント内で腰を落ち着かせる

 →一度降ろした腰の重みはご理解頂けるだろう

③1枚あたり3分程度かかる、それが4人分

 →単純計算でも12分ほどマットとマウストゥマウス状態(=自分との闘い)

④1枚完了させるだけでクラクラ状態

 →酸欠

⑤ヒロ氏及びまーちゃん、あーちゃんの援軍は期待薄

 →孤独感

⑥テント内での作業

 →暑い(夏期)

 

疲労困憊する要素はザッと考えてもこんなにある

 

そこで…

 

お題【エアマット設営をどうにかしてオートマチック化出来ないか考えてみた】

 

まずはエアマットの口だ


f:id:takehiroakamar:20220409145229j:image

ここから息を吹き込むのだが、旧型は自動では膨らんではくれない、吹き込む為の何かが必要だ

 

そこで出てきたのが、

夏に浮き輪やプール用に購入した電動ポンプ


f:id:takehiroakamar:20220409145301j:image

家のポンプは100Vのコンセントからも車のシガーソケットからも給電できるやつ

残念ながら電池式ではない

商品名【logos野電 ハイパワーブロウ】

 


f:id:takehiroakamar:20220409145309j:image

口はこんな感じ

 

このコンフォートシステムパットの吹き込み口とハイパワーブロウ

残念ながら微妙にサイズはあわなかったので

この2つを繋げる何かを作ることにした

 

ホームセンター(コーナン)で

内径19mmと25mmの透明ホースを購入
f:id:takehiroakamar:20220409145515j:image

透明なのは、なんとなく清潔感っぽいから


f:id:takehiroakamar:20220409145726j:image

そして好きな色のビニテ

今回黄色にしました


f:id:takehiroakamar:20220409150328j:image

巻きます


f:id:takehiroakamar:20220409150434j:image

グルグルグルグル、グルコサミン…


f:id:takehiroakamar:20220409150458j:image

径の違うホースを繋げてみた

 


f:id:takehiroakamar:20220409150623j:image

☆完成☆


f:id:takehiroakamar:20220409152834j:image

コンフォートシステムパット側(内径19mm)


f:id:takehiroakamar:20220409152933j:image
ハイパワーブロウ側(内径25mm)


f:id:takehiroakamar:20220409153022j:image

空気を抜く時はハイパワーブロウの上部から~


f:id:takehiroakamar:20220409153056j:image

ホースが余ったのでもう一本制作

連結的には後につくった短い方が使いやすい気がしました

 

さて、この連結君の威力やいかに?

 

一つのエアマットで3分ほどかかった作業が

一枚1分30秒ほどで完成

 

やはり肺活量をフルに活かす時と比べて若干甘さも感じられるので、仕上げはぷぅーっとしましたが

 

時短だけでなく、疲労感が皆無!

子供も楽しんで手伝ってくれそう(期待)です

f:id:takehiroakamar:20220414004701j:image

次のキャンプが楽しみだ!

 

 

 

ペレットストーブ奮闘記

 

takehiroakamar.hatenablog.com

前回のキャンプでデビューしたペレットストーブですが、実は不完全燃焼で白煙デビューだったんです

フリーマーケットイベントと言うこともあり、あまりペレットストーブちゃんをかまってやることもできず…

 

気がついたら、モクモクと【白煙の者】を吐き出してましたorz シャガクシャ!

f:id:takehiroakamar:20220226212111j:image

帰宅後、購入店の店主さんにも相談したりしたけど、原因が何かは不明

 

そこで、いつかは再チャレンジしたいと思っていましたf:id:takehiroakamar:20220226212252j:image

確認→燃料のペレットはまだヒトハコある


f:id:takehiroakamar:20220226212308j:image

また、白煙が出たときのために

f:id:takehiroakamar:20220226212315j:image

たけし(火消し)つぼを新たに仕入れました


f:id:takehiroakamar:20220226212341j:image

手順通りペレットをいれます


f:id:takehiroakamar:20220226212350j:image

パラフィンオイルをフタ回し(今回はヒト回し多いです)


f:id:takehiroakamar:20220226212413j:image

着火!


f:id:takehiroakamar:20220226212435j:image

メラメラといい雰囲気です

(大自然で燃やしてあげたいですね)


f:id:takehiroakamar:20220226213543j:image

今回は付きっきりでファンを操作

着火したばかりなのでファンもMAX!


f:id:takehiroakamar:20220226213611j:image

火が落ち着いてきたので、徐々にファンを落とします

完全に燃焼したら1でイイと思います


f:id:takehiroakamar:20220226213625j:image

可愛いボディにチロチロ炎がさらに雰囲気良しですね


f:id:takehiroakamar:20220226213642j:image

暖かさはというと、範囲はそこまで広くはないけど

確かに暖かい!といった感じかな

陣幕などの補助をすれば十分戦力にはなると思うf:id:takehiroakamar:20220226213656j:image

調理器具をおいたりできるオプション

こんかいは焼き芋の保温プレートとして使用

(熱々をキープできました)

 

さてさて、前回とは違い常に近くで見守っていたら

特に白煙をあげる事もなく、燃え切りました

 

ただし、その後にフェレットを追加して

パラフィンオイルをかけるといった暴挙を犯してしまったので、結局最後は白煙祭りに成ってしまいました(笑)

なかなか難しいですねw

 

後日、購入店でお話していたところ、【白煙が出たときの対処方】を教えて頂きました

 

それは火を入れてあげることらしいです

不完全燃焼なわけだから、そこに火種を入れて燃焼を促してあげると白煙は消えるとのことです

 

店主さんも、実験的に色々試しているそうで、また続報が入れば報告しますね!

と言うことで、なかなか御し難いペレットストーブですが、末永くお付き合いしていきたいですね~

 

 

ワークマンテントでベランピング

 今日は世間ではちょっとした話題だった

ワークマンのテントをお忍びで手に入れたお話です

 

私が購入したのは

ミッシングドームテントFTのイエロー1人用 8800円

特徴は火の粉が飛んできても、穴あきを遅延させる防融加工(ディアフレイムテクト)を採用

さすが作業着の会社だね

workman.jp

他にも同時発売が4つ

BASICドームテント 1人用 4900円

workman.jp

 

 

防蚊加工のミッシングドームテントAG 1人用 7800円workman.jp

 

 ミッシングツーリングテントAG 1人用 9800円

workman.jp

 ワイドミッシングドームテント4人用 17800円

workman.jp

その中で

我が家のベランダのサイズに一番ピッタリな

黄色いヤツを選びました

f:id:takehiroakamar:20220305162804j:image

 購入に至った理由は

 

①「キャンプへの飢え」

②「ベランダの鳥糞被害」(見張り)

③ 「ある日突然ベランダに現れたら…( ´艸`)ムフフ」

 

そんな野望を今朝、叶えてみた

 

f:id:takehiroakamar:20220305162819j:image

 商品は店舗受取

(家族にバレないよう理由をつけてワークマンお忍び行脚でget)

※こんな箱に入ってました

 

f:id:takehiroakamar:20220305162831j:image

 大きさは大体

マックイーン、フィルモア、ラモーン、レッド、マックを縦列駐車したくらいでした(トミカ7台相当)


f:id:takehiroakamar:20220305162855j:image

 内容物(説明書、本体、ペグ、ポール、収納袋)


f:id:takehiroakamar:20220305162916j:image

ポールは5mm位かな

公園で使うようなポップアップテントに付属しているポールに近いかな


f:id:takehiroakamar:20220305162925j:image

ポール経
f:id:takehiroakamar:20220305162939j:image

 さて、セッティングです


f:id:takehiroakamar:20220305162956j:image

 ポールはインナーテントのリングに差し込むタイプ


f:id:takehiroakamar:20220305163012j:image

大体、3分位あれば設営できると思います
f:id:takehiroakamar:20220305163025j:image

 入口には勿論、メッシュも


f:id:takehiroakamar:20220305163036j:image

 mont-bellのコンフォートエアマット150を入れた感じです

インナーテントの奥は全面メッシュですね

f:id:takehiroakamar:20220305163050j:image

 フライシートとインナーテントはプラスチックバックルで連結します


f:id:takehiroakamar:20220305163105j:image 

 ここらへんも抜かりはなさそう


f:id:takehiroakamar:20220305163135j:image

 

こんな感じ

(ベランダでのペグダウンを考えないと、飛ばされてしまいそう…)

 

f:id:takehiroakamar:20220305163157j:image

室内からパシャリ

f:id:takehiroakamar:20220305163214j:image

ランタン用のフックあります
f:id:takehiroakamar:20220305163224j:image

勿論、小物ポケットもあります
f:id:takehiroakamar:20220305163254j:image

 ベンチレーターはこんな感じ


f:id:takehiroakamar:20220305163746j:image

朝、家族が起きてくる前に設置完了

サンドイッチとコーヒーで一息


f:id:takehiroakamar:20220305163754j:image

 早速見つかった!

御一人様は設置から5分で終了


f:id:takehiroakamar:20220305163804j:image

 

 

 

その後、コットも入れてみたら癒し空間度上昇☆ 

 あとは一晩中過ごしてみてどうかですね!

(子ども達に占領されないようにしないと)

また報告します!

メンテナンスレビュー 【マーベラス】岩谷産業

我が家のキッチンツール

 

ぐるキャンなら、ツーバーナー

ふぁみキャンならこの、マーベラスが丁度イイ
f:id:takehiroakamar:20220211144137j:image

料理台も混み合わないし

何よりも色合いが自分好みなのでw


f:id:takehiroakamar:20220211144152j:image

ところが、いつの頃からか

↓の黒い部分のパーツが無くなっていました

マーベラスの特徴ともいえるハンドルを固定するためのパーツ

 

とは言え、とくに不都合も感じないので数シーズン放置してましたf:id:takehiroakamar:20220211144219j:image

でも、簡単にパーツを取り寄せられると、たまたまみかけたブログで発見

しかも、その当時は無料だったようです

今は、しっかりパーツ代と送料がかかります

ま、初代マーベラスですしね、当然と言っちゃ当然

f:id:takehiroakamar:20220213113129j:image

↑ホームページから申し込んで

すぐに送られてきました

支払方法はコンビニ払いかライン払いが選べます

忘れっぽい私は迷わずライン払いで

■CB-MVS-1 取っ手ストッパー金額等
部品:      220円(税込)
送料:      120円
NP後払い手数料:209円

合計:      549円


f:id:takehiroakamar:20220213113159j:image

パーツはこれ

右が破損したパーツ

左が取り寄せたパーツ


f:id:takehiroakamar:20220213113232j:image

ネジは空回りするので、押し付けて回すとサクッと取れます


f:id:takehiroakamar:20220213113253j:image

無事装着完了☆


f:id:takehiroakamar:20220213113307j:image

ヤッパリお気に入りは

しっかりとメンテナンスしなきゃだめですね~

 

必要ないと思っていても、あればあったで良いもんです

 

オフシーズンはこんな感じ

焚き火したい…

クッション問題解決!(DoDグッドラックソファロー)

DoD グッドラックソファローの本体とクッションについて

 

前回の初期不良についてはコチラ

takehiroakamar.hatenablog.com

 

クッションの初期不良で交換したものの、

やはり、本体とクッションは外れやすい!

と、言うことで

①マジックテープをつけてみました!

f:id:takehiroakamar:20211205000852j:plain

②こんな感じで均等に

f:id:takehiroakamar:20211205004600j:plain

f:id:takehiroakamar:20211205004623j:plain

バイスで固定して3日間待ってみた


結果、すべて剥がれてましたorz

布製品にくっつく両面テープはなかなか無いですね~

 

どうしたもんかと

テクテク、ホームセンターを物色してみたら

 

ありました!

 

こんなん

 

 

クランプですね

しかもとっても、小さいやつです

やはり、機能を高めるとは言え、目立つほど大きいとやはりNG

 

それを両サイドに取り付けてみた


f:id:takehiroakamar:20211208012644j:image

解決!


f:id:takehiroakamar:20211208013139j:image

二カ所、マイクロクランプで固定してみたら

当然、クッションがはずれる事もなく、快適ベンチなりました(笑)

 

 

 

 

あさぎりフードパークドローン飛行場(2021.12)@静岡県富士宮市

今回は人生初の冬キャンプについてレポートします!
やっぱり冬キャンプって敷居が高いと思いませんか?
 
考え得る問題は
・防寒対策は?
・テントは3シーズン用だし…
・新しく暖房買わなきゃ
・そもそも子供か耐えうるのか?
などなど
 
不安と資金の問題が目白押しですね!
そんな、たけぼう家が


【初めて、冬キャンプに挑戦してみた!】

 

というチャレンジをまとめてみました
長くなるかもですが、ご容赦を
 

 

☆今回のキャンプ


 
今回は【あさぎりフードパーク】内の【ドローン飛行場】です

あさぎりフードパーク


 
場内には、あさぎりフードパークオートキャンプ場もありますが、今回はイベントへの参加なので、ドローン飛行場にキャンプインしたという流れです
 
 
参加したイベント
【camp de freemarket】

主催者Instagram
https://www.instagram.com/camp_de_free_market_2021/?hl=ja


テーマ~next camp 
キャンプを【次】に繋げる
【次】のキャンプで使いたくなる
【次】の出会い
【次】のアイデア
といった【次】をテーマにしたイベントです!
出店数は約60ブース
我々は武杉製作所として出店です

 

☆武杉製作所とは


さて、このイベントに参加するきっかけになったのは、

前もブログに書かせて貰った【チタンタンブラー】の拡販イベントへのお手伝いを武杉製作所のマチャさんから打診されたことがきっかけでした

「いつかは冬キャンプ」とたくらんでいたたけぼうにとってみれば【渡りに船】と飛び乗ったのが真相なんですw

 

この武杉製作所さん

半世紀以上もの間、ロストワックスという製法で様々な工業用製品を手掛けてきた会社で、新たな取り組みとしてチタンタンブラーの制作販売をスタート

先ずは【売る】よりも、【知ってもらう】を重点テーマとしました

 

高杉 チタン タンブラーとは

完結に言うと
・極厚二重新空港構造の為、高い保温・保冷性
・結露し難い
・特殊加工により、ビールの泡がきめ細やかな神泡に
・まろやかな舌触り(ワイン、ビール、日本酒で検証)


f:id:takehiroakamar:20211215223856j:image

何よりうれしいのは、コーヒーが冷めにくく、ビールが温くなりにくいのが、キャンプに適してる感じがするね!興味がわいた方向けにリンク貼っておきます~

公式コーポレートサイト

チタンタンブラー【TAKESUGI】 | 武杉製作所

Instagram

https://www.instagram.com/takesugiseisakusyo/?hl=ja

 

☆ブース設営…そして獲たもの

 

サイトは店舗も兼ねた区画サイト
地面は牧草地?時々、地中に石がありますが、気にする程ではありませんね

なお、本来はドローン飛行場として使われている為
ただっ広く開けた土地で、サイト内に木々はありません

 

割り振ってもらった12×8の区画にテント二基と出店スペース+タープ、在庫管理用に車一台を置く計画です(たけぼうカーは別の駐車スペースにおきました) 

ここで、たけぼうと武杉製作所のマチャ(今回が初キャンプ)が迷走します

 

なにしろ、出店経験のない我ら素人集団
後先考えずに先にテントを建ててしまいました

 

普段、タープから設営するのが我が家のセオリーなのですが…
おそらく、事前練習したドッキングスタイルに取り憑かれてたのでしょうね(苦笑)


そして迫る開会時間に、焦りまくり

急ぎ、出店ブースを作って
あとからタープ設置という、ハチャメチャっぷり

 

もちろん、我らの両隣とも、先ずは出店ブース+タープ、そしてボチボチ落ち着いたタイミングでテントという感じ

 

そうです、このnext campでまず初めに得たもの、それは


f:id:takehiroakamar:20211215223824j:image

【次】回キャンプへの経験値でした(笑)

 

ちゃん、ちゃん
 
次は冬キャンプ検証
初冬キャンレポートです

 

☆不安要素その1【気温問題】

 

先週末はマイナス7度だったという噂も…
と、言うことで寒さ対策まとめです☆

①キャンパーの義兄から超冬用の寝袋2ヶ借りました

手持ちのと併せて総勢6個!


f:id:takehiroakamar:20211215190612j:image

②さらに!カッコイいカセットストーブを譲ってもらいました(アゲアゲ♪)


f:id:takehiroakamar:20211215235732j:image

③アメニティドーム用の自作スカートの導入


f:id:takehiroakamar:20211215191256j:image

takehiroakamar.hatenablog.com

 

④湯たんぽ2ヶ追加(合計3ヶ)


f:id:takehiroakamar:20211215190757j:image

⑤テント内は銀マット+Colemanの敷物+mont-bellエアマット+絨毯で底冷えをシャットアウト
(通常は銀マとエアマのみ)


f:id:takehiroakamar:20211215190839j:image

⑥マチャのテントとドッキング(まるで食べられてるみたいwww)


f:id:takehiroakamar:20211215190901j:image

ペレットストーブの導入(mimi moto クッキングストーブです☆)


f:id:takehiroakamar:20211215191326j:image

www.ask-corp.jp

⑧超極暖上下の導入(安くなってました)


f:id:takehiroakamar:20211215191027j:image

パイロットキャップ購入(超アゲアゲです)

 

 

⑩晩御飯は汁もの(まーちゃん任せた!)

 

と、万全の下準備で望んだ冬キャンプ
結果は、確かに寒かったけど、しっかり準備していけば、全く題なかったですσ(^_^;

 

~ドッキングしたテント内~


f:id:takehiroakamar:20211215191218j:image

スカートが効果を発揮してくれています


f:id:takehiroakamar:20211215222807j:image
☆ミミトモクッキングストーブが大活躍☆


中でも暖もとっていたのもあり、外気とは別次元でした
たまに換気が必要ですが、それはそれで気持ちいい位でした

 

~寝室~

前室は一度も閉めませんでした
当初、少しでもリビングを広くするために開けていましたが、寒さ対策の観点からも必要無しと判断
さすがに夜間、全ての暖房を切ったリビングはキーンと冷え込みましたが、テント内への影響は特に感じなかったかな

 

~寝具~

念の為、寝袋を二重にしたりしましたが、やはりMVPは【湯たんぽ】でしょう

寝袋内に入れた場合は暑すぎるほどでした
低温やけどには注意!)

私は、寝袋に入れる気力が無かったので
結果的に足元に置いた湯たんぽの上に寝袋ごと乗っかる形でしたが、朝までポッカポカでした

湯たんぽ最強伝説のはじまりですね


f:id:takehiroakamar:20211215191650j:image

↑湯たんぽ独り占めのあーちゃん

 

☆不要素その2【天気】

 

初冬キャン参加に至って


まーちゃん帝国より、「雨が降るようなら、一人で行って!」と最後通牒を受けていた、たけぼう自由同盟

 

雨が降ったら「頭をかいて誤魔化すさ」という訳も通用しなさそうです(´Д`)ヤンウェンリー

 

それでも週刊天気でも晴れ予報
前日でも変わらず晴れ予報

 

それでも山の天気は変わりやすいものという教えのもと、今までキャンプと向き合ってきましたが

 

結果、この冬キャンプ、2日間とも快晴でした!
正直、ここまで良いコンディションは稀ですね

f:id:takehiroakamar:20211215191905j:image
高速から朝日に照らされた富士山です

 

むしろ夏場より過ごしやすかったかも知れません

設営時もダラダラと汗をかかないので、べたつかないし

夏より冬の方が天気が安定している感じがしました

強風が吹き荒れる事も無かったです


f:id:takehiroakamar:20211215191953j:image

空には雲一つなく、むしろ直射日光で焼け焦げてましたw

昼間の気温17℃位


暑くって半袖で過ごしてましたが、時々変な人を見る目で見られてた気もします


悩みどころは暑くて脱ぐと肌寒い、上着を着ると暑いというジレンマ位ですね~


f:id:takehiroakamar:20211215222656j:image

日が落ちる瞬間、とても素敵な時間ですね



f:id:takehiroakamar:20211215223625j:image

日没からしばらくは、外で焚き火キャンプ


f:id:takehiroakamar:20211215222720j:image

初キャンプ親子も焚き火の魅力を知ってしまった様子w


f:id:takehiroakamar:20211215192551j:image

夜はグンと気温は下がってマイナス二度までになりましたが、雲一つ無い夜空には満点の星と富士山さん


f:id:takehiroakamar:20211215192640j:image

満天の星と日本一の富士山
f:id:takehiroakamar:20211215192654j:image 

オリオン座と富士山
f:id:takehiroakamar:20211215192708j:image
星を見上げるマチャさん


f:id:takehiroakamar:20211215192925j:image

隣のブースの方々が挨拶しにきてくれましたので、タンブラーで乾杯です

 


f:id:takehiroakamar:20211215193030j:image

山梨のコンビニで選考販売されてた【山の上ニューイ】


f:id:takehiroakamar:20211215193140j:image

この星空を肴に普段飲まなくなったお酒もグイグイイケました

 

そして、夜が更けていきます…


f:id:takehiroakamar:20211215192416j:image
朝、6時は曇り空でしたが…
f:id:takehiroakamar:20211215192250j:image

だんだん、明るくなって
f:id:takehiroakamar:20211215192205j:image

ふじーさーん!!参上!トゥ!


f:id:takehiroakamar:20211215223018j:image

二日目の朝はこんな感じです

 

最高すぎる!

 

実はたけぼう家、富士山さんキャンプは未体験


f:id:takehiroakamar:20211215222348j:image

今まで何かと曇り空キャンプが多かったので…

今回、初キャンプが冬キャンプのマチャも
初回がここまでコンディションが良いと、もう沼から抜け出せないだろーな( ´艸`)

 

☆その他(キャンプ飯、環境など)

 

~ご飯~

やはり、寒い季節にはポッカポカのクリームスープてすね!
子ども達もガツガツ食べてくれるし


f:id:takehiroakamar:20211215222447j:image

まーちゃんの献立(チラシの裏)

 

炭を買い足して持っていきはしましたが、焼き物はいつもより少なかったです

極論ですが、冬キャンプは汁物一択でも十分です(笑)


f:id:takehiroakamar:20211215223338j:image

スープにライスや餅をぶち込む
ポッカポカです


f:id:takehiroakamar:20211215222517j:image

そして、最近、早起きして御一人様を堪能する事が多いヒロ氏、この日は焚き火を楽しんでました



f:id:takehiroakamar:20211215222942j:image

そのあとに起きてきた、たけぼうに何も言わずにコーンスープを振る舞うヒロ氏
(コーンスープ)

ムスッコの成長が胃袋に染み渡りました
 
~虫はいるのか~

終日、テント開けっ放しでした

虫はいません、皆無です
行きしに牛はいましたが…


f:id:takehiroakamar:20211215223303j:image

 

夏場のキャンプとの一番の違いかもしれません
無論、虫にさされることもありませんでした

毎回、最低でも一カ所は足首を蚋に喰われるのが定例だったまーちゃん、これには感動すら覚えていました(笑)

と、言うことで…

 

☆冬キャンプまとめ

 

志摩りん(ゆるキャン△)の台詞を基に検証

冬キャンプって何がいいのか? 

・虫がいない→皆無でした
・汗かかない→確かに!?
・他のキャンパーがいなくて静か→今回は未知数
・焚き火と温泉が気持ちいい→激しく同意!
・景色が遠くまで綺麗にみえる→激しく同意!
・汁ものが美味い→激しく同意!


さらに

 

・太平洋側は晴天率が高い→星空期待大!
 

www.kodomonokagaku.com


出典:子供の科学のWebサイト
 
結論:冬キャンプ最高!
天気予報とキャンプ場次第で、春夏秋シーズンとは違った楽しみ方ができるかも!? 

 

☆キャンプ場周辺施設


お風呂情報
キャンプ場から車で25分位の所に
【富士展望の湯ゆらりがあります


f:id:takehiroakamar:20211215223232j:image

湯船は露天、サウナなど数種類あり、洞窟風呂なんかは子ども楽しめるお風呂です
食事所も、簡易的な休憩所もあります

www.fuji-yurari.jp

 

道の駅情報
【道の駅 朝霧高原
24時間開いているトイレ(キレイ・温かい便座)があります

車中泊もそこそこいました

www.asagiri-kogen.com

 

野菜やソーセージ、鶏卵などが買えます

 

道の駅のおばちゃんのおすすめはコレ
f:id:takehiroakamar:20211215223437j:image


f:id:takehiroakamar:20211215223539j:image


☆イベントを終えて


f:id:takehiroakamar:20211215233049j:image

今回の目的である、【チタンタンブラーを知ってもらう】はある程度、達成できたのではないでしょうか

 

もちろん、準備不足や経験不足といった、反省材料もてんこ盛りですが、

たくさんの人に手にとって、見て、触って、なかには、飲んでもらい…

武杉チタンタンブラーの魅力を伝える事はできたと思います


f:id:takehiroakamar:20211215233014j:image

子ども達も、看板息子&娘として、どうやったら見てもらえるか、

タンブラーを手にとって貰えるかを実地で学ぶことができましたね!

 

最終日には周りのブースの方々から、子ども達へと色々いただいたり

まーちゃんがパンケーキ焼いておすそ分けしたりと

とってもオープンで素晴らしいイベントでした!

 

タンブラーも、インスタをみて買いに来てくれた人もいました!

本当に嬉しい限りです~

 

運営の皆さん、他の出店者の皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございます!じゃんけん大会も楽しかったです!

皆さま、また、縁がありましたら、よろしくお願いします!

 

最後に、この冬キャンプのきっかけをくれた、武杉製作所のマチャさんありがとうございました!もう、片足どころか両足とも沼にハマったと思うので、次回春キャンシクヨロです!


f:id:takehiroakamar:20211215224019j:image

 
SOTO DE NETA-METER 63日